明治神宮外苑の紅葉

「神宮外苑」や「神宮の杜」との呼ばれる、東京都心の庭園が「神宮外苑」です。

明治時代に建立された明治神宮の外苑として長く都民に親しまれ、東京の人気の観光スポットにもなっています。

紅葉の季節には有名なイチョウ並木を見るために、全国から多くの観光客が訪れます。

明治神宮外苑の紅葉:施設概要

明治神宮外苑は明治天皇崩御の後に建設が始まり、1926年に完成。

総面積48万ヘクタールを誇る広大な敷地があり、幾度もの再開発を経て野球場・ラグビー場・テニスコート・スケート場・ゴルフ場・絵画館などの文化施設を有します。

神宮外苑の代名詞でもあるイチョウ並木をはじめ、数多くの木々が植樹され紅葉スポットとして都内NO.1の人気です。

明治神宮外苑の見どころ

明治神宮外苑にはたくさんの見どころがあります。

目的なく外苑内を散策するだけでも、いくつもの観光スポットがあります。

外苑内にはベンチが点在しカフェもあるので、無理せずマイペースで周遊することが可能です。

また、1年を通じてたくさんのイベントも開催されていて、紅葉のシーズンには「いちょう祭り」が有名です。

模擬店も多数出店されるので、紅葉とレジャーを同時に楽しむことができます。

紅葉する木の種類

  • イチョウ
  • モミジ
  • ドウダンツツジ
  • サクラ
  • ケヤキ

明治神宮外苑のおすすめポイント

神宮外苑は都内のおしゃれエリアとしても有名な青山にまたがっていることから、周辺を散策するだけでも十分に楽しめます。

そして外苑のイチョウ並木はテレビドラマや映画のロケにも頻繁に利用されており、ファンなら格別な気分を味わえるでしょう。

外苑内には数多くの木々があるので、四季を通じて鑑賞することができ、広大で開放的な環境の中で色づく紅葉が目を癒します。

郊外で見る紅葉とはひと味もふた味も違う、都会的な雰囲気は、若者にも高い人気があります。

明治神宮外苑のビューポイント

明治神宮外苑の紅葉のビューポイントとしては、まず外せないのが「イチョウ並木」です。

146本の円錐形にきれいに剪定された大イチョウは、神宮外苑のシンボルだといえます。

ロケに頻繁に使われた黄色い落ち葉の絨毯が敷き詰められたイチョウ並木のドームをくぐれば、ロマンティックな気分にひたれること確実です。

それ以外にも、196本のケヤキや159本のトウカエデ、サクラの紅葉も見ておきたいビューポイントです。

とくに聖徳太子絵画館周辺はイチョウ並木に次ぐビューポイントとして外さず見ておきましょう。

明治神宮外苑の紅葉:アクセス

【電車】
・東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩5分

・JR総武線「千駄ヶ谷」駅から徒歩16分

・JR総武線「信濃町」駅から徒歩13分

・都営大江戸線「国立競技場」駅から徒歩12分

【自動車】
・首都4号新宿線「外苑」下車

・首都4号渋谷線「高樹町」下車

・首都4号新宿線「三宅坂」下車

・首都4号渋谷線「谷町JCT」下車

明治神宮外苑の紅葉:各種情報

施設情報 明治神宮外苑の紅葉
住所 東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
電話番号 03-3401-0312
料金 入場無料
営業時間 24時間
営業期間 無休
ウェブサイト 明治神宮外苑の紅葉HP

まとめ

明治神宮外苑は日本でも屈指の来場者のある観光スポットです。

祭事やイベント、スポーツの試合が開催されるときにはかなりの人出になるので、事前チェックしておくことをおすすめします。